fvIOプラットフォーム

プロジェクト実績

fvIOプラットフォーム

シマフジ電機ではfvIOプラットフォームの開発及び運営を行っています。

fvIOとはfunctions-virtualized Input/Outputの略称で、簡単にいうとマイコンのI/O端子機能を仮想化する技術です。この技術によって、今後ビッグデータ解析等で必要とされる、高サンプリングレートでありながら時刻データが均整なデータの取得をマイコンで実現することが可能になります。

シマフジ電機はこのfvIO技術の開発を中心として、各種ソフトウェア及び技術ドキュメントの提供、fvIO対応ボードの販売、技術サポート、プロモーション活動、等を行っております。

fvIOについて

fvIOはfvIOホストとfvIOプラグインから構成されます。
fvIOプラグインはI/O端子を使って通信するモジュール、fvIOホストはそれを制御するインタフェース(API)となります。

fvIO概要

IoT-Engine RZ/T1には、fvIOプラグインを設定することができるスロットを8個用意しています。
任意のfvIOプラグインを組み合わせることができ、それらをユーザアプリケーションで使用することができます。

fvIO設定例

シマフジから標準的な通信プロトコルを汎用fvIOプラグインとして提供します(基本的に無償 *1)。
ユーザ側にて、この汎用fvIOプラグインを各種センサ等のデバイス向けにカスタマイズすることが可能です。

現在、汎用I2Cプラグインをgithubで公開しています。
groveの加速度センサ(ADXL345)とOLEDディスプレイ(SSD1306)向けにカスタマイズしたサンプルプログラムも公開しています。

*1 fvIOが利用可能なシマフジ製ボードでのみ無償で使用可能

fvIOが利用可能なボード

現在、fvIOが利用可能なボードはIoT-Engine RZ/T1となります。
(IoT-Engine RZ/A2Mでも利用できるように準備中です)

fvIOデモ紹介

デモ動画を下記で公開しています。

grove加速度センサからデータを取得し、OLEDディスプレイに波形を表示するデモです。
センサデータ取得と表示を4ペアで、それぞれサンプリングレートを変えて(ただしトリガは同期)実行しています。
接続イメージは下図の通りです。

fvIO デモ

このデモの性能は下記の通りです。

fvIO性能

指定したサンプリングレート(5KHz, 2.5KHz, 1.25KHz)でセンサデータを取得できており、またI2C通信をオーバクロックすることで14KHzを超えるサンプリングも実現できています。

fvIOに関する情報

fvIO github

アプリックスとの共同プロモーションの合意
アプリックス及びホロンクリエイトとの共同開発に関する合意

fvIOセットアップに関するQiita記事