ZDAQ-Analog

Products

ZDAQ-Analog

ZDAQ-Analog
ZDAQ-Analog

本製品は、1Gsps、14bitDAC を内蔵したダイレクト・ デジタル・シンセサイザAD9910を搭載しており、周波数シンセサイザや、プログラマブル・クロック・ジェネレータとして使用可能です。また、分解能12bit、サンプリング速度200MHzの高速ADCを2chと、分解能12bitのシリアルDAC も4ch搭載しています。
本製品は、ZDAQ-SoCの拡張コネクタに接続して使用するZDAQ-SoCのドータボードで、ZDAQ-SoC上のFPGAにより制御されます。

CPU-

  • Product Image
  • Specification
  • Documents
  • ブロック図
  • 入出力 項目 仕様・機能
    アナログ入力 入力チャネル数 2ch
    入力レンジ ±5V(max)
    入力形式 シングルエンド、 入力インピーダンス:50Ω
    コネクタ LEMO (実装option)
    ADC ADCタイプ PipeLineADC AD9613BCPZ
    分解能 12bit、2.442mV/LSB
    サンプリング周波数 200MHz
    出力モード LVDS-DDRモード
    アナログ出力 SPI-DAC AD5324BRM
    分解能 12bit、1.221mV/LSB、Vref=5V
    出力チャネル数 4ch
    出力レンジ 0~5V
    コネクタ 10pinヘッダコネクタ
    DDS DDS AD9910  1Gsps、14bitDAC
    正弦波出力 出力周波数 10~300MHz
    下限はADL5330の特性による制限、上限はトランスによる制限
    出力可能周波数 5~400MHz
    下限はチューニング目標、上限はサンプリング周波数による制限
    周波数分解能 0.23Hz (AD9910の仕様による)
    出力波形 Acos(ωt+θ)
    A,ω,θはAD9910 の仕様により設定可能。
    ただし、ω=2π(FTW/2^32)fsysclk。
    自動リニアまたは任意の周波数、位相、振幅スイープ機能
    出力形式 正弦波(AM波、FM波、PM波)  AD9910の仕様による
    出力電力 18dBm~-40dBm  ADL5330およびAD9744を使用
    出力電力分解能 14bit  0.004dB
    掃引・変更 周波数の掃引・変更 AD9910の掃引・変更機能を使用可
    またはソフトウエアでの単一周波数を更新する方法。
    内部クロック 周波数 VCTCXO-50MHz
    周波数変動 温度ドリフト ±1ppm
    20年間変動 ±3ppm
    外部クロック 周波数 1GHz
    周波数変動 周波数安定度 外部クロック精度による
    入力レベル -3dBm~4dBm  入力Z:50Ω、コネクタ:SMA
    温度ドリフト 外部信号源仕様による
    年間変動 外部信号源仕様による
    位相雑音 位相雑音 -105dBc/Hz @10KHz offset
    -120dBc/Hz @100KHz offset
    スプリアス 45dBc
    任意波形出力 出力波形 三角波、鋸波、パルスなど
    例:FPGAのRAMに書いたパターンデータを再生する
    パターン繰り返し周期 M/200Msps
    Mは1サイクルのパターン再生に要するクロック数
    出力電圧 4Vp-p 最大 負荷抵抗1KΩ時
    2Vp-p 最大 負荷抵抗50Ω時
    出力電圧分解能 出力電圧/14bit
    DAC型番 DAC3171  サンプリング周波数200MHz
    電源 電圧 6V±10%、 消費電流:typ 1.4A
    ボードサイズ 200×150mm コネクタ突起部は含みません。
    動作環境 真空中の動作可能
    動作温度 0~50℃
  • パンフレット SP2814003-ZDAQ_Analog.pdf
    ハードウェア仕様書 ZDAQ-ANALOG-1_ハードウエア仕様書_Rev0p1_20170629.pdf